ふるや皮フ科
トップ > 診療案内 > 基本理念・クリニックの特色
ふるや皮フ科院内
基本理念
クリニックの特色
診療科目
診療時間
基本理念

個別化医療(Personalized Medicine)を実践します。

当クリニックは、画一的な治療を行なわず,患者さんに応じた適切な治療を心がけます。
皮膚科専門医としての永年の経験を基に、適切な診断と患者さん個々にあった治療を第一に、診療にあたりたいと思います。皮膚疾患から、全身疾患が発見されることもあります。こんな事と思われる事でも構いません。皮膚に関する事なら何でも、赤ちゃんからお年寄りまでお気軽にご相談下さい。

EBMとNBMの融合を目指します。

EBM/科学的証拠・過去の疫学的・統計的データに基づく医療を行ないながら、NBM/患者さんとの対話を通じて患者さん自身が語る事柄から病気の背景を理解し、患者さんが抱えている問題に対して全人格的なアプローチを試みる臨床手法との融合により、患者さんの悩みや苦しみを理解し、患者さんとの信頼関係を築き、患者さんの満足度の向上を図ります。
ページトップへ
クリニックの特色

1. 一般皮膚科診療

皮膚病はありふれたものが多く、重症のものは比較的少ないので簡単に見られがちですが、自己診断のもと的確な診断・治療がされていないためになかなか治らない場合があります。皮膚科専門医の立場で、高い専門性のもと、できるかぎり早期の治癒、コントロールをめざします。

2. アレルギー疾患における積極的な原因検索

原因不明のものが多い皮膚病ですが、アレルギー疾患では原因(悪化因子)がわかれば治癒(症状の改善)が期待できます。主なものとして、アトピ―性皮膚炎、じんま疹、かぶれ(接触皮膚炎)、薬疹があげられます。対症療法[症状をおさえる治療]を行っても症状が良くならないときには、これらの疾患では原因(悪化因子)を突きとめて無くしたり、減らしたりしなければ症状は良くなりません。具体的には、じんま疹、薬疹では、いろいろな検査を先ず行うよりも過去にさかのぼって詳細に問診を行うことが重要です。さらに、アトピ―性皮膚炎では血液検査(場合によってはパッチテスト)で悪化因子を、かぶれではパッチテストで原因を見つけ出すことが可能です。検査を希望される患者さんには、当クリニックにてこれらの検査を積極的に行っています。

3. 患者さん満足度向上のための医療連携

精密検査、特殊治療、手術、入院などが必要な皮膚科の疾患につきましては、連携医療機関を紹介させていただいております。また、他科紹介の必要な患者さんにつきましても症状に応じて専門の病院を紹介させていただいております。

4. セカンドオピニオンの推進

当クリニックで治療を続けておられる方でセカンドオピニオンを他医に求めたい(他の医師の意見を聞き、納得して治療を受けたい)場合には御遠慮なくお申し出ください。上記の連携医療機関のうち受診を希望されるところに必要な情報を添えて紹介させていただきます。

5. 患者さんの利便性に対する取組み

Hospitality(心のこもったサービス)とAmenity(快適さ)の充実を心がけます。

・ 小さな子どもさんにも安心の広々とした待合スペースを確保しています。
・ 乳幼児同伴時にも配慮したトイレ内おむつ交換台を設置しています。
・ 通勤・通学時などの場合を配慮し、待機時に軽作業などが出来るカウンターを配しています。
・ モバイル用ホームページや、パンフレットなどの情報提供用資料を自由にお持ち帰りのできるように常備しております。

今後も各種患者さんの便宜を図るよう心掛けていきます。
ページトップへ